太陽光発電のメリット・デメリット

太陽光発電導入のための設備とは

太陽光発電の設備の一つモニター

太陽光を導入して環境に役立ちたい。また、自分自身も多少でも儲けたい。やってみるか!と思っても気になるところが設備ですよね。

 

太陽光発電の設備はどうなんだろう?
と最初に思われると思います。

 

細かいところから見ていきますと、架台、ケーブル、電力系などとあります。

 

詳しく見ていきますと、

 

  • 太陽光パネル・・・太陽光を集めます。エネルギーの元となるところです。
  • 架台・・・太陽光パネルを設置する土台です。
  • 接続箱・・・数ある太陽光パネルのエネルギーを集めて結束する、それをパワーコンディショナに送るためのターミナルと思ってください。
  • パワーコンディショナー・・・太陽光パネルで発電したエネルギーを家庭用で使える電力に変換します。付属品で発電量を確認できる表示器がセット
  • 発生電力計・・・通常の使った分の電力量メーター(電力会社から無償貸与)
  • 余剰電力販売量電力計・・・あまった電力を各電力会社に売るためのメーター(電力会社から無償貸与)
  • その他・・・ケーブルセットやレールセット(パネルを押さえるレール類、その他諸々のケーブル類)

 

となっております。

 

太陽光パネル選びが大事!

 

一番大事なのが太陽光パネル。発電効率、特性を知らないで安いだけで決めてしまうと、思ったように売電料金が伸びない〜なんて事も・・

 

もちろん安いという指針でパネル選びするのも大事なのでしょうが、安くて性能がいいのが良いですね。当たり前ですが。

 

そこで選ぶためにこの数字を覚えておいたほうがいいでしょう。

 

それが、セル変換効率、モジュール変換効率、1枚あたりの公称最大出力です。

 

補足しますと、

 

  • セル変換とは・・・太陽光パネルのなかにたくさんのセル(太陽電池)がありますが、その1枚あたりの光エネルギーを電力に変換する能力。
  • モジュール変換効率・・・太陽光パネル1枚あたりの変換効率。
  • モジュール変換効率はセルをつなぎあわせて1枚のパネルにするわけで、当然変換効率は落ちます。セル単体の方が良いです。
  • 公称最大出力・・・パネル1枚あたりの出力(W)

 

それと値段ですね。

 

さらに大事なパワーコンディショナ

太陽光発電のパワーコンディショナ
パワーコンディショナはパネルから来たエネルギーを家庭の電器に変換する大事なユニットです。

 

パワーコンディショナで何が大事なのかはもちろん変換。パネルと同じで、変換が非常に大事なのです。

 

わかりやすく言いますと、パネルから受け取ったエネルギーをどれだけ低いロスで家庭で使えるか(売電出来るか)ということです。

 

電子部品には必ずロスがあります。コード一つとっても、長さに比例して損失が増えます。複雑なシステムであるパワーコンディショナなら尚更です。

 

専門的に言いますと(私は半導体製造装置メーカーで働いているため、電気のプロ)太陽光パネルのエネルギーは直流です。家庭では100Vの交流。
直流を交流に変換するわけです。直流を交流にする、すなわち関東なら50Hzの正弦波交流にする必要があるわけです。

 

交流の作り方は、コイルの量、巻き方、コアの大きさなどで決めます。普通に考えても10の入力に対して10出力することはありえません。この比率が大事なのです。

 

この効率がパワーコンディショナでは大事なのです。効率の高いパワーコンディショナを選びましょう。もちろん値段と相談して。値段イコール性能じゃないかなと思いますが・・・

 

 

ちなみに我が家のパワコン(長州産業、サンヨー)は変換率94.5%。業界2位ということです。一位は三菱製。

 

我が家の実際の導入費用

 

実際の太陽光発電設備導入費用を表にしました。
平成18年導入なので、かなり高いです。参考程度にお願いします。
今はもっと安いです。

 

品名 単価 金額
太陽発電モジュール ¥108000 14枚で¥1512000
架台   ¥80000
パワーコンディショナ   ¥310000
発生電力量計   ¥108000
余剰電力販売用電力計    
配線、接続器具   一式¥65000
ケーブル   一式¥48000
レールセット   一式¥85000
太陽光モジュール据付工事 ¥30000 2.87Kwで¥86100
架台基礎工事 ¥15000 2.87Kwで¥43050
架台据付工事 ¥9000 2.87Kwで¥25830
屋根改造工事    
電気配線工事 ¥11000 2.87Kwで¥31570
売電メーター取付費   ¥28000
トータル   ¥2422550

 

今は普通に4KWシステムが多いですね。ケチらないで、可能な限り大きなシステムにしたほうがいいですよ。
だって、工事費は大差がないのです。大きなシステムにしようが、小さなシステムにしようが、工事費がそんなに違うことはありません。

 

詳しく言うと、私の場合の工事費ですが、基本工賃65000円で×ことの2.87=186550円。
では4KWシステムの工賃は 65000円×ことの4=260000円
差額73450円。

 

太陽光発電の耐用年数は?こちらに詳しく書きました。
パナソニック(長州産業)太陽光発電システムのレビュー


page top