太陽光発電の雪止め対策

太陽光パネルは雪が落ちます。どんな対策?

太陽光パネルが十分の広さの屋根に設置してあるなら雪止めが隠れる心配も無いのですが、我が家のように狭い屋根に目いっぱいパネルがあると、
雪止めをパネルで覆ってしまいます。

 

写真は我が家で落雪が車に落ちてしまいます。新車ですと尚さら不安だし、辛いものです・・・

 

なので、太陽光発電を導入する際に、雪止めの位置も考慮して発電量を決めるべきです。目いっぱい置けるから発電量の大きいプランにするのではなく、余裕を持たせて、雪止めすら隠さないほどのパネル枚数にしたほうがいいです。

 

雪止めはそれなりに効果はあります。もちろん雪止めがあるから落雪が全くないわけではないですが、ある程度は防いでくれます。なので雪止めを可能な限り残すというのも太陽光発電を導入する際に相談するのもいいでしょう。

 

雪止めはこれ

雪止め

 

雪止めがパネルで隠れると積雪でボトボト雪が落ちてきます。注意してください。

 

雪で発電量は?

 

雪が積もるともちろん発電はしません。ゼロです。

 

溶けてきてもゼロのままです。うっすら残っていてもゼロとまではいかなくてもほぼ発電しません。

 

なので雪の日は発電量は期待しないでくださいね。

page top